カテゴリー別アーカイブ: 鈴鹿シリーズ

2017鈴鹿クラブマンレース Round2 スーパーFJ レースリポート

■開催概要

  • シリーズ名称: 2017鈴鹿クラブマンレース Round2
  • 主催 : 熱田レーシングクラブ(ARC)・鈴鹿モータースポーツクラブ(SMSC)
  • 協力 : OCCK・ARCN・KRHC・AASC・チーム淀
  • 会場 : 鈴鹿サーキット 西コース(3.475km)
  • 参加台数 : 20台

 

3月26日、鈴鹿サーキット西コースで「2017鈴鹿クラブマンレース Round2」が開催されました。開幕戦から約1ヶ月で第2戦とインターバルも短く、ドライバー、チームにとっては大変ですがこの2連戦がシリーズに大きく影響しますのでとても重要なレースです。

 

予選は15分間、ウエットコンディションの中行われました。

見事ポールポジションを獲得したのは2年目の鈴木智之選手、鈴鹿では初のポールです。2番グリッドに名取鉄平選手、3番手に宮島雄太選手と続きます。

 

レースはポールポジションからスタートした鈴木様選手が見事なスタートを切り130Rに先頭で入り、2番手に名取選手が続きます。一方、予選3位の宮島選手がスタートでストールをし、大きく出遅れます。3位には山内飛侑選手がポジションアップ。4周目に山内選手は名取選手にヘアピンで仕掛けますが姿勢を乱してスピン。レースは鈴木選手がマイラップ2位を少しづつ引き離し、2位に12秒の差をつけて独走で初優勝を飾りました。2位は名取選手、3位は一時6位まで順位を落とした山内選手が入りました。4位に加納亨介選手、5位に太田格之進選手、6位に吉田宜弘選手が入りました。

2017 鈴鹿クラブマンレース Round1 

■開催概要

  • シリーズ名称: 2017 鈴鹿クラブマンレース Round1
  • 主催 : 京都レーシングクラブ(KRHC)・鈴鹿モータースポーツクラブ(SMSC)
  • 協力 : OCCK・ARCN・ARC・チーム淀・AASC
  • 競技 : JAF公認・準国内格式 公認番号2017-3001
  • 会場 : 鈴鹿サーキット 国際レーシング東コース(2.243km)
  • 参加台数 : 20台

2月26日、鈴鹿サーキット東コースで「2017 鈴鹿クラブマンレース Round1」が開幕しました。東コースは1周約2.5KMと短く、抜きどころは1~2コーナーで、予選での順位が特に重要となります。

予選は15分間、ドライコンディションの中行われました。

見事ポールポジションは名取鉄平選手が獲得。山内飛侑選手、吉田宣弘選手と続きます。

レースはポールポジションからスタートした名取選手が先頭で1コー ナーへ進入。2番グリッドスタートの山内選手がそれに続きます。その2台がオープニングラップから後続を引き離すと、3周目に入る頃には名選手取が山内選手をも引き離しにかかります。名取選手は3 周目にファステストラップとなる53秒661をマーク。続く4 周目には山内選手がそれに匹敵する53秒662をマークします。 その頃、名取選手に反則スタートによるドライビングスルーペ ナルティが出されピットイン。これにより山内選手が単独トップに立ちます。2位を走る吉田選手も単独走行でポジションキープ。後方では鈴木智之選手と太田格之進選手の3位争いが激しくなってきます。10周目に53秒349を マークしてファステストラップを塗り変えた山内選手が後続に8 秒883ものアドバンテージを築いてトップチェッカー。2位 は吉田選手。鈴木選手が3位表彰台に上がる結果となりました。

2016 鈴鹿クラブマンレース Round7 Final

12月9日(土)、10日(日)の2日間、鈴鹿サーキットフルコースで「2016鈴鹿クラブマンレースFinal Round/ 」が開催されました。今年初となるフルコースでのレースです。

予選は土曜日に20分間、ドライコンディションの中で行われました。

見事ポールポジションは浦田選手が獲得、2番グリッドに名取選手、3番手に大井選手と続きます。

レースはポールポジションからスタートした浦田選手が見事なスタートを切り、先頭で1コーナーに入ります。2番手に八巻選手が5番グリットからジャンプアップ、3番手に名取選手と続きます。1周目のヘヤピンで名取選手が八巻選手を交わし2番手に浮上します。ペースの上がらない八巻選手はスプーンカーブで大井選手に交わされてしまいます。先頭の浦田選手は序盤から安定した走りで2位以下を徐々に引き離します。その後も危なげない走りで逃げ切り、4勝目を飾り鈴鹿シリーズのチャンピオンも獲得しました。後方では名取選手が2位を守り切りチェッカーを受けました。3位には大井選手入りました。

2016 鈴鹿クラブマンレース Round5 

●主催 :京都レーシングハイブリッドクラブ(KRHC)・鈴鹿モータースポーツクラブ(SMSC)●協力 :AASC・ARC・ARCN・チーム淀・OCCK・KRHC ●会場 : 鈴鹿サーキット 国際レーシング東コース(2.243km)●参加台数 : 12台

10月22~23日、鈴鹿サーキット東コースで「2016 鈴鹿クラブマンレース Round5」が開催されました。東コースは1周約2.5KMと短く、抜きどころは1~2コーナーで、予選での順位が特に重要となります。

予選は土曜日に15分間、ドライコンディションの中で行われました。

見事ポールポジションは浦田選手が獲得、2番グリッドに大井選手、3番手に鈴木選手と続きます。

レースはポールポジションからスタートした浦田選手が見事なスタートを切り、先頭で1コーナーに入ります。2番手に大井選手、3番手に鈴木選手と続きます。先頭の浦田選手は序盤から2位以下を徐々に引き離し、レース中盤には独走態勢に持ち込みます。その後方では大井選手、鈴木選手、前川選手による2位争いが激しくなります。レースは、浦田選手が危なげない走りで逃げ切り、3勝目を飾りました。後方では大井選手選手が2位を守り切りチェッカーを受けました。3位には鈴木選手入り表彰台を獲得しました。

2016 FIA F1世界選手権シリーズ 日本グランプリレース

今年も「2016 FIA F1世界選手権シリーズ 日本グランプリレース」のサポートレースとして「2016 S-FJドリームカップレース」が10月7~9日鈴鹿サーキット国際レーシングコース(1周・5.807km)で開催されました。今年で4回目となるドリームカップレース、ステップアップを目指す17才から29才までのドライバーが全国から参戦し、激しい戦いを繰り広げました。

予選
昨夜から降り始めた雨は、公式予選の行われる午前10時30分には上がり上空も明るくなってきました。ただ、路面はまだウェッコンディション。予選は乾きつつある路面で行われました。
多くのドライバーはレインタイヤを装着してコースイン。しかし、コースコンディションが変化していく中、続々とピットインをしてドライタイヤに交換をしてコースに復帰していきました。
目まぐるしくコースコンディションが変わる中、ポールポジションを獲得したのは角田裕毅選手、2位は鶴賀義幸選手、3位は山内飛侑選手と続きます。

決勝
決勝は午前10時より8周で行われました。朝方まで降った雨は何とか上がりましたが、路面はウェットコンディション。全車ウェットタイヤを履いてレースに臨みます。
スタートはポールポジションから抜群のスタートを決めた角田選手がトップで1コーナーへ。予選2位の鶴賀選手はストールして後方に沈みます。予選5位の浦田裕喜選手が素晴らしいスタートを決めアウトから一気に2位に浮上。3位は山内選手が付け、4位八巻渉選手、5位上村昌史選手、6位大原佳祐選手と続きます。トップに立った角田選手は1周目に2位を1秒以上引き離しコントロールラインを通過。その後も2位の浦田選手を徐々に引き離し独走態勢を築きます。2位の浦田選手も安定した走りでポジションをキープして周回を重ねます。その後もトップ2に変化はなく、そのままの順位でチェッカーを受けました。
3位は予選9位から素晴らしい追い上げを見せた津本匠選手が入りました。
4位には上村選手、5位には山内選手、6位には大原選手が入りました。

今年も昨年の阪口晴南選手に続き16歳が表彰台の頂点に立ちました。

2016 鈴鹿クラブマンレース Round.4

●シリーズ名称: 2016 鈴鹿クラブマンレース Round4
●主催 :オムニバスカークラブオブカンサイ(OCCK)・
鈴鹿モータースポーツクラブ(SMSC)
●協力 :ARC・AASC・ARCN・チーム淀・KRHC
●会場 : 鈴鹿サーキット 国際レーシング西コース(3.475km)
●参加台数 : 16台
●天候 : 雨
●路面 : ウエット

9月18日、鈴鹿サーキット西コースで「2016 鈴鹿クラブマンレース Round4」が開催されました。台風16号の影響で非常に不安定で、激しく降ったと思えが止み、再び降り出だす何とも悩ましい天候です。

予選は15分間、小雨が降る中で行われました。スリックタイヤ装着が12台、レインタイヤ装着が4台でコースインしました。コースは周回を重ねる度にどんどん乾いていき、目まぐるしく順位が変わります。そんな中でNo.34浦田選手が今季2度目のポールポジションを獲得しました。2番グリッドはNo.7大井選手、3番手にNo.58津本選手が続きます。

レースはポールポジションから好スタートを決めた浦田選手がトップで130Rへ進入、2番手に大井選手が続きます。レース序盤、浦田選手と大井選手がトップ争いを繰り広げます。その後方ではスタートで出遅れた津本選手が順位を上げトップ争いに迫ります。レース中盤、大井選手が130Rで浦田選手をオーバーテイクすると徐々に2位以下を引き離します。レース後半には2位争いが激しくなり浦田選手と津本選手がショートカットで接触、津本選手が車にダメージを負ってしまいます。危なげない走りで大井選手が2勝目を飾り、2位は浦田選手、ファイナルラップで津本選手を交わしたNo.22大石選手が3位に入りました。
4戦を終え大井選手と浦田選手が共に2勝2位の同ポイントで後半戦に挑みます。
チャンピオン争いから目が離せません。

2016 鈴鹿クラブマンレース Round3

●シリーズ名称:2016鈴鹿クラブマンレースRound3●主催:オートスポーツクラブアツタ(AASC)・鈴鹿モータースポーツクラブ(SMSC)●協力:ARC・ARCN・チーム淀・OCCK・KRHC●会場:鈴鹿サーキット国際レーシング東コース(2.243km)●参加台数:10台●天候:晴れ●路面:ドライ

7月3日、鈴鹿サーキット東コースで「2016 鈴鹿クラブマンレース Round.3」が開催されました。今回のエントリーは10台と少し寂しいエントリー台数です。

予選は15分間、ドライコンディションの中で行われました。
見事ポールポジションは開幕戦のウィナー⑦大井選手が獲得、2番グリッドは前回のウィナー㉞浦田選手、3番手にフォーミュラエンジョイからステップアップをした㊸鈴木選手と続きました。

レースは2番手から好スタートを決めた浦田選手がトップに立ちます。
浦田選手を先頭に、大石選手、鈴木選手の順でオープニングラップを終えます。その後、浦田選手が安定した速さを見せ2番手以降を徐々に引き離していきます。トップ浦田選手、2位大井選手、3位鈴木選手のトップ3の差は徐々にひらいていき単独走行で周回を重ねます。浦田選手がそのまま逃げ切り今季2勝目を挙げました。2位には大井選手、3位は昨年フォーミュラエンジョイで圧倒的な速さを見せた鈴木選手がデビュー2戦目で入りました。
全6戦で行われる鈴鹿クラブマンシリーズは浦田選手が2勝、大井選手が1勝で前半戦を終えまた。

2016 鈴鹿クラブマンレース Round1

■開催概要
●シリーズ名称: 2016 鈴鹿クラブマンレース Round1
●主催:熱田レーシングクラブ(ARC)・鈴鹿モータースポーツクラブ(SMSC)
●協力:AASC・ARCN・チーム淀・OCCK・KRHC
●会場:鈴鹿サーキット 国際レーシング東コース(2.243km)
●参加台数:13台

2月28日、鈴鹿サーキット東コースで「2016 鈴鹿クラブマンレース Round1」が開幕しました。東コースは1周約2.5KMと短く、抜きどころは1~2コーナーで、予選での順位が特に重要となります。

予選は15分間、ドライコンディションの中行われました。見事ポールポジションは吉田選手が獲得、2番グリッドに大井選手、3番手に大石選手と続きます。

レースはポールポジションからスタートした吉田選手が見事なスタートを切り、先頭で1コーナーに入ります。2番手に大井選手が続きます。3週目の1コーナーで大井選手がアウトから吉田選手を交わしトップに立ちます。後方からは3位グループを抜け出した大石選手が吉田選手に迫ります。また、4位争いは浦田選手が板倉選手を交わし浮上します。15週目にコース上にマシンが留まったことにより、セフティーカーがコースインしレースは振出しに戻ります。レース再開後は、大井選手が危なげない走りで逃げ切り、見事優勝を飾りました。後方では浦田選手が大石選手をパスし3位に浮上、更にファイナルラップの1コーナーで吉田選手をパスし2位でチェッカーを受けました。

2015 S-FJ&F4日本一決定戦 スーパーFJ レースリポート

●シリーズ名称:2015鈴鹿クラブマンレースFinal Round/2015 S-FJ&F4日本一決定戦
●主催:淀レーシング(チーム淀)・鈴鹿モータースポーツクラブ(SMSC)
●協力:ARC・AASC・ARCN・OCCK・KRHC
●競技:JAF公認・準国内格式 公認番号2015-3004
●会場:鈴鹿サーキット フルコース(5.807km)
●参加台数:34台
●開催日:2015年12月5日(土)、6日(日)
●天候:晴れ
●路面:ドライ

12月5日(土)、6日(日)の2日間、鈴鹿サーキットフルコースで「2015鈴鹿クラブマンレースFinal Round/2015 S-FJ&F4日本一決定戦 」が開催されました。
鈴鹿サーキットで2年ぶりとなるS-FJの日本一決定戦は34台が参戦しました。
A、Bの2グループに分かれて12月5日(土)に公式予選と6周による第1 レグが行われました。そして6日(日)は、第1レグで勝ち上がった上位10台ずに加え、5周による敗者復活戦から勝ち上がった10台の合計30台が決勝レースで日本一を目指いします。各地方選手権の上位ランカーが激しいバトルを披露しました。

第1レグは、AグループはNo.34阪口晴南選手、BグループはNo.58大湯都史樹選手がトップ勝上がり、阪口選手がポールポジションを獲得、2番手に大湯選手となりました。
鈴鹿チャンピオンの平木玲次選手がフォーメーションラップ でマシンをストップ。ポールポジションスタートの阪口選手が先頭を奪います。スタート直後にスピンしたマシンがコース上に留まったことにより、セーフティカーがコースイン。2周目終了時点でセーフティカーがコースを離れ、レースがリスタートし、阪口選手がトップをキープ。それに大湯選手、10番スタートの山田遼選手と続きます。阪口選手は他を寄せ付けない速さで独走状態に、大湯選手も単独2位となります。その後方では、山田選手、八巻渉選手、川合孝汰選手、兒島弘訓選手、小高一斗選手らによるが激しい3位争いが繰り広げられました。その中から、小高選手が抜け出し3位に浮上すると、後続を引き離し単独3位 となりました。阪口選手が後続に7秒838のアドバンテージを築いてポールtoウィンを飾り、日本一に輝きました。2位は大湯選手、3位は小高選手とティーンエイジャードライバーが表彰台を独占する結果となりました。

2015 鈴鹿クラブマンレース Round6

●シリーズ名称:2015 鈴鹿クラブマンレースRound6
●主催:熱田レーシングクラブ(ARC)・鈴鹿モータースポーツクラブ(SMSC)
●協力:AASC・ARCN・チーム淀・OCCK・KRHC
●競技:JAF公認・準国内格式 公認番号2015-2004
●会場:鈴鹿サーキット 東コース(2.243km)
●参加台数:12台
●開催日:2015年10月18日(日)
●天候:晴れ
●路面:ドライ

10月18日、鈴鹿サーキット東コースで「2015 鈴鹿クラブマンレース Round 6」が開催されました。今年2度目の東コースでのレースです。

予選は10分間、ドライコンディションの中で行われました。
平優弥選手が今季3度目のポールポジションを獲得しました。、2番手八巻渉選手、3番手平木玲次選手と続きます。

ポールポジションスタートの平選手が先頭で1コーナーに入ります。八巻選手、大井選手、平木選手の順でトップを追いかけます。集団を抜け出した八巻選手が平選手に迫ります。後方では大井選手と平木選手もテールtoノーズで3位争いを展開。平木選手が7周目の最終コーナーで大井選手をパスすると8周目にはファステストラップをマークする猛追でトップ争いの2台を追いかけます。しかし、9周目の1コーナーで勢い余ってスピンし万事休す。18周目には1コーナーで平選手のインに飛び込んだ八巻選手が上がりでスピン後退、そのまま逃げ切った平選手が今シーズン初優勝を飾りました。平選手は平木選手と同ポイントとなったが、優 勝回数の多い平木選手のチャンピオンが決定しました。