カテゴリー別アーカイブ: 鈴鹿シリーズ

014年S-FJ鈴鹿地シリーズ第3戦 東コース

天気は快晴。前戦の勝者河野駿祐がポールポジション獲得。開幕戦の勝者橋本陸が0.018秒というわずかな差で2番グリッドにつける。
22週の決勝レース、ホールショットを決めたのは河野選手。しかし2週目に橋本選手がトップに躍り出る。4番手からのスタートの吉田宜弘選手は1週目ポジションを上げて3番手浮上。一つ順位を落とした3番グリッドからスタートの佐藤駿介選手までがトップ集団を形成。トップグループの膠着状態が続く中、5番手争いの脇村、平選手のバトルが激しくなってくる。3番手表彰台をかけた争いも20週目、ついに佐藤選手が吉田選手を攻略。トップは2週目から変わらず最後には4.6秒ものギャップを築いた橋本陸選手が今季2勝目を挙げた。以下河野選手、佐藤選手、あと一歩のところで表彰台を逃した吉田選手の順でチェッカーを受けた。

2014年S-FJ鈴鹿地方選手権シリーズ第2戦 西コース

濡れた路面コンディション、開幕戦に続き西ショートコースで行われた予選でポールを獲得したのは吉田宣弘。しかし、決勝スタートでトップを奪ったのはセカンドグリッドの河野駿佑。開幕戦ウィナーの橋本陸は、3番手走行中に痛恨のスピンにより順位を下げる。吉田と佐藤駿介が2位争いのバトルをする中、4位の上村優太が単独走行となる。トップを追いたい2位争いの2台だが、その差が埋まる事無く、河野が第2戦の勝者に。吉田、佐藤が結局そのままのオーダーでフィニッシュ。順位を落としていた橋本がペースを上げ、5位まで順位を回復し、レースを終えた。

2014年S-FJ鈴鹿地方選手権シリーズ第1戦 西コース


開幕戦の鈴鹿西ショートコース、17台で争われた予選でポールポジションを獲得したのは橋本陸。その橋本を先頭に、河野駿佑、吉田宣弘、大宮嘉信、上村優太がオープニングラップのオーダー。デビューレースながら3番グリッドを獲得した平優弥は、スタートで出遅れ順位を落とす。橋本は、その後ファステストを更新しながら後続を引離し、危なげない走りでトップを快走。予選で4番グリッドを獲得しながらピットスタートとなった佐藤駿介も、必死の追い上げで、レース中盤には10位にまで順位を上げる。結局、終始トップを走った橋本が堂々のポールtoウィン。河野が2位、平が初レース嬉しい初表彰台。不運に見舞われた佐藤も5位まで順位を上げ、レースを終えた。