カテゴリー別アーカイブ: 鈴鹿シリーズ

2014年S-FJ鈴鹿シリーズ第5戦 東コース

変わりやすい天気の中、ドライでの予選となった東コースでの第5戦。前回優勝の河野駿佑がポールポジションを獲得。2番手以下には橋本陸、佐藤駿介、平優弥、吉田宜弘と、ここまでが54秒台をマーク。0.4秒以内に5人という激しい戦いとなった。決勝は予選後に降った雨が止み、急速に乾き始めた路面の中、全車ドライタイヤでスタート。
オープニングラップは、先頭の河野から5番手吉田までが順位変動無く、8番手スタートの脇村佑貴が6番手に順位を上げる展開に。2周目には、4番手平がコースアウトし、4番手吉田、5番手脇村、6番手道野高志の順となる。
レースは息苦しいような蒸し暑さの中、トップ河野を必死に追う橋本が、10周目にファステストラップを記録、しかしトップとの差は縮まらず、14周目に河野選手がファステストを塗り替えた。16週目には激しい5番手争いの末、脇村がハーフスピン。道野が5番手に浮上し、未だ乾ききらない難しいコースコンディションの中、吉田、道野といったベテラン勢の活躍が光る事となった。上位4台は、安定した走りでポジションをキープ。結局レースを征したのは、ポールポジションからスタートした河野選手。前戦に続く勝利となった。

河野駿佑選手のコメント
金曜日と土曜日の1本目までは、調子が悪かったですが、土曜日の2本目から、セットがでて良くなりました。予選は、ポールが取れて良かったですが、天気が心配でした。レースは、過去2回レインでの勝ち、今回ドライタイヤで、勝てて良かったです。シリーズ優勝に向けて15ポイント取れて良かったです。残り2レースも頑張ります。

橋本陸選手のコメント
土曜日に、ホームストレートで、ブロックされ車が、かなり壊れ、やりきれない思いでした。メカニックさんが、深夜迄かかって修理してくれ、レースに出ることができました。メカニックさんへの恩返しも含め、このレースは、すごく勝ちたかったですが、残念です。でも精一杯走りました。表彰台2位という順位は、初めてで、不思議な感じです。今までは、優勝か、表彰台を逃がすかのどちらかだったので……。シリーズチャンピオンに向けて、次回が大事です。

佐藤駿介選手のコメント
スタートは、バッチリ決まりました。路面が未だ乾いていない所が、あったので、ラインを外して抜くのをやめました。路面が乾いてきて、前の2台が安定した走りをしていました。自分は一杯一杯で……。本当に悔しいです。もう一度雨が降れば好かったなあと思いました。雨は得意なので。でも、ドライでも、ウェットでも勝てるように、もっと頑張ります。本当に悔しいです。

道野高志選手のコメント
とにかく、とても楽しかったです。仕事の都合で、5月以来のレースです。東コースは、どちらかといえば得意なので、レース中ずっとバトルして本当に楽しかったです。出来れば、吉田さん迄追いついてバトルしたかったです。

吉田宜弘選手のコメント
スタートは蹴り出しよく出たが、2速でシフトミスしてしまいました。何とか無難なポジションで、1周目を終えました。その後は、坦々と走ったという感じです。体力は、問題ないが、1・2コーナーの走りに、課題があります。もっと練習します。

2014年S-FJ鈴鹿シリーズ第4戦 フルコース

今年初開催となるフルコースのレースには、じつに20台ものエントリーが集まった。予選はドライ。これだけの台数の中、今季2勝を挙げている橋本陸選手が予選でたった一人15秒台に入れ、ポールポジションを獲得。セカンドに河野駿佑選手、3番グリッドから牧野任祐選手というオーダーとなった。
決勝当日、雨上がりのウェットコンディション。タイヤの選定では全員が難しい判断を迫られる。各車ダミーグリッドへの試走でコースの状況を確認するが、東区間が乾きつつあるのに対し西区間が完全ウェットの模様。10週の決勝レースではほとんどの選手がレインタイヤを装着してスタート。抜群の滑り出しを見せたのは河野選手。トップに躍り出るとすぐさま後ろを引き離しにかかる。2番手には牧野選手が上がるが、後方から佐藤駿介選手が急接近。佐藤選手は2週目に牧野選手をあっさりかわすと、ファステストラップを連発しながらトップを追い上げる。路面コンディションは少しずつドライへと近づいていく。
そして迎えた8週目、ついにテール・トゥ・ノーズとなったトップ争いは佐藤選手が前に出る。抜かれて火が付いたのか河野選手は残り2周、ぴったりと佐藤選手の背後に付け逃がさない。ファイナルラップ、ヘアピンからの立ち上がりで2台が再びサイド・バイ・サイドとなるが、スプーンへの侵入で佐藤選手が大きくはらみ河野選手がトップへ返り咲く。スプーンコーナーから最小限のロスで復帰した佐藤選手が裏ストレートで再び河野選手をロックオン。もう一度2台横並びのまま侵入した130Rではアウト側佐藤選手がこらえきれず若干コースアウト。またも復帰しシケインのブレーキング競争は河野選手が前。シケインの立ち上がりからチェッカーまでに佐藤選手が並びかけるが、0.028秒という僅差で河野選手に軍配が上がった。

014年S-FJ鈴鹿地シリーズ第3戦 東コース

天気は快晴。前戦の勝者河野駿祐がポールポジション獲得。開幕戦の勝者橋本陸が0.018秒というわずかな差で2番グリッドにつける。
22週の決勝レース、ホールショットを決めたのは河野選手。しかし2週目に橋本選手がトップに躍り出る。4番手からのスタートの吉田宜弘選手は1週目ポジションを上げて3番手浮上。一つ順位を落とした3番グリッドからスタートの佐藤駿介選手までがトップ集団を形成。トップグループの膠着状態が続く中、5番手争いの脇村、平選手のバトルが激しくなってくる。3番手表彰台をかけた争いも20週目、ついに佐藤選手が吉田選手を攻略。トップは2週目から変わらず最後には4.6秒ものギャップを築いた橋本陸選手が今季2勝目を挙げた。以下河野選手、佐藤選手、あと一歩のところで表彰台を逃した吉田選手の順でチェッカーを受けた。

2014年S-FJ鈴鹿地方選手権シリーズ第2戦 西コース

濡れた路面コンディション、開幕戦に続き西ショートコースで行われた予選でポールを獲得したのは吉田宣弘。しかし、決勝スタートでトップを奪ったのはセカンドグリッドの河野駿佑。開幕戦ウィナーの橋本陸は、3番手走行中に痛恨のスピンにより順位を下げる。吉田と佐藤駿介が2位争いのバトルをする中、4位の上村優太が単独走行となる。トップを追いたい2位争いの2台だが、その差が埋まる事無く、河野が第2戦の勝者に。吉田、佐藤が結局そのままのオーダーでフィニッシュ。順位を落としていた橋本がペースを上げ、5位まで順位を回復し、レースを終えた。

2014年S-FJ鈴鹿地方選手権シリーズ第1戦 西コース


開幕戦の鈴鹿西ショートコース、17台で争われた予選でポールポジションを獲得したのは橋本陸。その橋本を先頭に、河野駿佑、吉田宣弘、大宮嘉信、上村優太がオープニングラップのオーダー。デビューレースながら3番グリッドを獲得した平優弥は、スタートで出遅れ順位を落とす。橋本は、その後ファステストを更新しながら後続を引離し、危なげない走りでトップを快走。予選で4番グリッドを獲得しながらピットスタートとなった佐藤駿介も、必死の追い上げで、レース中盤には10位にまで順位を上げる。結局、終始トップを走った橋本が堂々のポールtoウィン。河野が2位、平が初レース嬉しい初表彰台。不運に見舞われた佐藤も5位まで順位を上げ、レースを終えた。